またも薩摩へ。 2018秋 その3 南洲神社例大祭など | 清明
FC2ブログ

またも薩摩へ。 2018秋 その3 南洲神社例大祭など

 秋の薩摩旅、3日目の9/24は西南戦争終結の日であり、西郷隆盛や村田新八、桐野利秋などをはじめとする、城山で最期を迎えた人々の命日です。
 そのため毎年この日に、西郷隆盛などを祀る南洲神社では、例大祭を行っており、それに参加してきました。

 この日も、朝のお散歩で桜島を眺めました。


DSCN2773.jpg


 お友達と待ち合わせ、シティービューの始発に乗って南洲神社に向かったのですが、シティービューもなかなかに混雑。
 明治150年で例大祭も参加者多数だろうと予想していたのですが、案の定南洲墓地の駐車場はほぼいっぱい、すでに参加者のみなさんも集まりつつありました。
 例大祭が始まる前の混まないうちに、墓地や神社にお詣り。

 例大祭は10時からで、いつだったかチラッと参列した時に比べるとやはり参列者多数。詩吟や太鼓等も奉納されました。
 あまり写真を撮るのもどうかと思ったので、例大祭中に撮った写真は、この1枚だけです。


DSCN2779.jpg


 村田家の方がテレビの生中継に急きょ出演されることになり、気づいたらいつの間にか、知人達もそれを見に移動している!(笑)すっかり出遅れて墓前の方へ行くと、参道にはもしかして鈴木亮平さんの入り待ちかな?? と思われる人達が。前日にトークショーがあったので、そりゃみなさん、来るだろうと予想しますよね(笑)
 中継のレポーターの方が、「まもなく鈴木亮平さん達が来られます!」と言っているので、その場で待機してみたところ、まもなく着物姿の鈴木亮平さんと黒木華さんが顕彰館の方から登場!
 鈴木さんの身体作りが本当にすごすぎて、お友達と二人、「西郷どんだ……西郷どんでしかない……」以外の語彙を失ってました(笑)偶然近くで見られて、ラッキーでした(^_^)

 その後また例大祭の方に戻り、最後の方でご子孫など関係者の方々が玉串を捧げて参拝する段になって、まさかの西郷どん夫婦の正式参拝が。こっそり社殿の脇の方に回っていたようで、ギリギリまでお墓の横で待機し、参拝を終えるとそのまま境内茶屋なんしゅうの方へ。現場が混乱しないよう、かなり配慮していたように見受けられました。

 参拝後、鈴木さんと黒木さんがわりと近くを通っていったのですが、鈴木西郷どんはもう本当に身も心も西郷どんになりきっている感じで、目を細めた表情や、例大祭という場だからかわずかに微笑むその姿に、再び「西郷どんだ……」としか思えなくなる私(笑)
 役者さんは本当にすごいと思います。

 例大祭が終わった後は、雨も降ってきたのでタクシーで黎明館の方に行き、新しくできたレストランでご飯食べられないか行ってみたのですが、すごい待ちが出てたので断念。美術館のカフェでお友達とご飯。
 噂に聞いていた「じめさあ」と、初めてのご対面。


DSCN2780.jpg


 駅に戻り、お友達とお茶してお別れした後、一人であれこれお土産を物色後、空港へ。
 大阪で蚊に刺されたところが、時間差で大変なことになっていたため、今回は空港での足湯は断念。無念。
 旅の締めは、山形屋の焼きそば、が定番になりつつあります。やはりおいしい。


DSCN2782.jpg


 そんなこんなで、今回も大充実で薩摩旅を終えたのでした。
 3日目のレポはあっさりめになりましたが、時間も経っており例大祭以外史跡巡り等もしていないので、ご容赦を(^_^;)

 今回は思いがけなく中村晋也美術館や川路利良生誕地に行けて、本当によかったです。
 旅先でお世話になった方々に感謝したいです。ありがとうございました!
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示