またも薩摩へ。 2018秋 その2後編 中村晋也美術館と川路利良生誕地など | 清明
FC2ブログ

またも薩摩へ。 2018秋 その2後編 中村晋也美術館と川路利良生誕地など

 9/23の午後、「西郷どんの遠行」が終わってから、前日みんなで行こう! ということになった、中村晋也美術館に行きました。ちょうど、「中村晋也の大久保どん」という展示が開催されていたのです。

 ここはぜひ一度、大久保利通像や若き薩摩の群像などなど、中村さんの作品をいいなと思った方には、行っていただきたい! 中村さんのこれまでのお仕事が所狭しと並び、夢の共演が見られる、とんでもない場所です。
 入るなり巨大な大久保利通像に出迎えられ、しばらく「すごい」以外の語彙をなくして、写真を撮りまくる一同(笑)

 大久保さん大きい! かっこいい!


DSCN2682.jpg


DSCN2685.jpg



 大久保利通像の後ろにこっそりいる、馭者と馬については、このあと2階の展示で思いがけない事実を知ることに。

DSCN2686.jpg



 鹿児島県警前にある川路利良像も、中村さんの作品です。後ろの像は、確か薬師寺にいました。とにかく、そのお仕事の質量がすごい。


DSCN2694.jpg


 島津義弘像と五代友厚像の夢の共演!(笑)その後ろの方に写っているのは、白石市にある片倉景綱像。さらにその斜め後ろは、町田久成像。


DSCN2696.jpg


 2階には、薩摩の若き群像が。持っているノートに図形が書かれているなど、一体一体、事実にちなんで持ち物にも細かく配慮されていることがよく分かります。


DSCN2710.jpg



DSCN2715.jpg



 そして2階の企画展示「中村晋也の大久保どん」コーナー。貴重な制作中の写真パネルや試作品などが並んでました。


DSCN2718.jpg



 これは、候補でボツになった座っている大久保像ですが、このポーズ、やはり中村さん作の大阪にある五代友厚像などに生かされたことが分かります。


DSCN2720.jpg



 当時は、PCで画像を加工して設置イメージを作る、なんてことは当然できないので、設置イメージも手書き。

DSCN2721.jpg



 馭者と馬にまつわる秘話。クリックして拡大してもらうと、かろうじて説明文が読めると思うのですが、なんとこれは関係者に設置前にお披露目した後で、こっそり作り足され、除幕後もしばらく気づかれなかったとか。ともに殺された馭者と馬も弔いたいというその気持ちに、ぐっときました。同時に、反対されると作れなくなるから最後にこっそり作ったという当時の事情にも、考えさせられるものが。

DSCN2727.jpg


 他にもたくさん写真を撮ったのですがこれぐらいにします(^_^;)

 お昼を食べられないかと立ち寄った道の駅には、こんなポスターが。さすが地元!


DSCN2734.jpg


 途中でご飯の後、南洲墓地である演奏会にあわせて帰ろうと車を走らせていたら、偶然信号待ちで「川路利良生誕地」の看板を見つけ、一同これは行くしかないでしょう! と盛り上がり、左折。
 私は免許がないため、車じゃないと行きづらい場所は連れて行っていただくほかないので、本当にありがたかったです。

 あの噂の「大警視」バス停!(T-T)


DSCN2738.jpg



 生誕地碑の横は、ゲートボール場になっているようで、きれいに草が刈られていました。


DSCN2743.jpg


 説明版の右奥に入っていくと、小さな古い石柱になにやら刻まれており、はっきりとは読めなかったのですが、「ここは川路利良が生まれた所だから、残しておかなければいけない」といった意味のように取れました。
 川路は西郷隆盛を暗殺しようとしたなどとされ、鹿児島で憎まれて、なんとご子孫が参加しての慰霊祭は今年が初めてだった、というほどなので、この石柱もひっそりこっそり生誕地に建てられたのかな、など想像しましたが、詳細は不明……。
 なにが書かれているかご存じの方は、ぜひご教示下さい。


DSCN2746.jpg


 生誕地碑の裏の碑文は、大久保利通の次男・牧野伸顕と、薩摩出身で警視総監を務め、反私学校派だったため西南戦争の時には投獄されていた、川上親晴によるものでした(いまいちうまく撮れてないので、写真はなしです……)
 思いがけず川路利良の生誕地に行けて、ここから鹿児島城下に通うのは大変だったろうなあなどと思いつつ景色を眺め、感無量でした。


DSCN2751.jpg


 そして南洲墓地に戻ると、自衛隊の方による(音楽隊ではないそうです)演奏が始まっており、こっそり鑑賞。毎年、横田庄一郎『西郷隆盛惜別譜』などを参考に、西南戦争終結前夜に演奏されたと考えられる曲などを演奏しているそうです。いつもはもう少し遅い時間にやるので、かがり火が照らす中での演奏となり、なかなかに幻想的なのだとか。
 


DSCN2767.jpg


 演奏後は、南洲墓地から西郷隆盛生誕地まで提灯を下げて歩く、提灯行列があるとのことでしたが、私はここでお暇。せっかくなので鹿児島の地で大河「西郷どん」を見るため、ホテルまで送っていただいて、この日は終了。
 最初まったくのノープランだったのが、思いがけなく川路利良の生誕地まで行けて、大充実の一日でした(^_^)連れて行っていただいたお知りあいには、感謝感謝です。
 さて、最終日は鈴木西郷どん、黒木糸さあも登場してびっくりした、南洲神社例大祭レポです。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示