またも薩摩へ。 2018秋 その2前編 西郷どんの遠行(エンコ) | 清明
FC2ブログ

またも薩摩へ。 2018秋 その2前編 西郷どんの遠行(エンコ)

 ちょっと間が開いてしまいましたが、薩摩への旅2日目です。
 9/23は朝から、「西郷(セゴ)どんの遠行(エンコ)」に参加しました。毎年秋分の日に開かれていて、鹿児島市内の小中学生も参加する、鹿児島の秋の恒例行事です。
 でも、大学まで鹿児島だった人に言ったら通じず、「俺らはやっぱり妙円寺詣りだよ」と言われたので、ここ20年ぐらいのようで。

 スタートは武の西郷家跡である公園か、加治屋町の西郷隆盛生誕の地のどちらでもいいことになっているので、私は生誕地へ。
 すでに結構な人が集まっており、受付らしきところで参加したい旨伝えると、名前と住所を書くよう言われ、地図を兼ねたスタンプ用紙をもらいました。

DSCN2626.jpg


DSCN2625.jpg


 西南戦争の歌、なんと25番まである!? どんなメロディーなのか、激しく気になりました(笑)

 8~10時の間で、三々五々スタートしていいようでした。出発式みたいなのがないかちょっと待ってみたのですが、どこの方かよく分からない、偉い人のありがたいお話がしばらく続きそうで、でももう歩き始めている小学生の団体もいたので、さっさと出発(笑)



 おはようございます、大久保さん!
 というわけで、甲突川沿いに小学生の団体に混じって大久保利通像の横を通り、まずは座禅石目指してひたすら歩きます。

DSCN2627.jpg


 私は一人参加だったので、途中押さえるべきところは写真を撮ったりして、のんびりと。


DSCN2629.jpg


DSCN2631.jpg



 最初のチェックポイント、座禅石に到着!


DSCN2640.jpg


 まだ早い時間で人も少なかったので、「今のうちですよ! 写真撮りましょう!」と係の方々もサービス満点でした。私は写真に写るのがあまり好きではないのですが、せっかくなので座禅石に座った写真を撮っていただきました。


DSCN2634.jpg


DSCN2635.jpg


 説明がなかったら、ただの石ですね……(笑)

 ここから次の夏陰城跡に行くまでの道がよく分からず、スマホで地図を見ながら歩きました。このあたりは坂が多く、そこそこきつかったです。だんだん高台になっていくので、見晴らしもよくなっていきます。さらにこんな坂を登り、すでに「もうここいらでよか……」と言いたくなりつつ(苦笑)


DSCN2643.jpg


 夏陰城跡、到着!

DSCN2647.jpg


 ここからさらに上がって、城山の方へと向かうのですが、夏陰の方から城山に行ったことはなく、いい経験ができました。
 西南戦争の時、このあたりに布陣していた薩軍の人々もこの景色を見たのかなあ、と思いつつ。


DSCN2649.jpg


 もしかして昔からある道かも知れない、細い道を通り抜け、桜島が見えるポイントで冷たいお茶のサービスを受けて、城山の方へ。この日の桜島はもくもくしていました。

DSCN2652.jpg


DSCN2653.jpg


DSCN2654.jpg


 西南戦争に思いを馳せつつ、今度は坂道を下って、せっかくなのでもう何回目かも覚えてない城山展望台に寄り、しばしまったりと。


DSCN2661.jpg


 チェックポイントである薩軍本営跡は分かりづらい場所にあり、行き方が分からず城山で右往左往してしまう方もいると聞きました。ドン広場の奥にあるんですよね。私も最初に行った時には、こんなところに! と思いました(笑)


DSCN2665.jpg


DSCN2667.jpg


DSCN2668.jpg


 本営跡は森に入ったところにあり、道も狭いので、一方通行で並んでスタンプ押してもらってまた広場へ戻ります。ドン広場は、学校ごとに説明を受けたり、遊具などもあるので休憩ポイントになっているようで、小学生で混雑。
 ここからは、城山をひたすら下り、南洲洞窟へ。


DSCN2669.jpg


DSCN2671.jpg


 ここからは、やはり一人参加の地元の方に話しかけられ、その方とご一緒しました。洞窟から西郷隆盛終焉の地へ行くまでの間で、どういうわけか参加者に西郷札の複製(紙に両面印刷)を配っていたので、喜々としてもらいました。
 するとご一緒した方は興味がないからともらった西郷札を私に下さって、「聞いちゃ悪いかなと思ってたんだけど、歴女なの?」と。まあ普通、一目見て西郷札だ! と喜ぶ人はそういないし、好きじゃなきゃエンコに一人で参加しないですよね(^_^;)でも上には上がいて、毎年9/24にあわせて鹿児島入りしている知人がいるのでした。

 この辺になると人も増えてきて、顔が写りこんでしまうので写真もありません(^_^;)
 終焉の地でスタンプを押してもらうと、あとはゴールの南洲墓地へと歩くのみ。途中、五代友厚生誕地のすぐ近くを通りましたが、道連れもいたので立ち寄りは断念。
 スタート地点でもらったスタンプ台紙と地図を兼ねた紙には、石段を登ると書かれていましたが、実際には誘導されて途中お茶のふるまいを受けつつ、坂道を登るルートでゴール! さすがに少し疲れましたが、無事歩き通せました。

 参加賞のクリアファイルをもらいに顕彰館へ。この日、西郷南洲顕彰館は無料開放されており、ざっと展示も見学。ゴールまでご一緒した方と、知り合いを待たないといけないので、と言ってお別れした後、7月の鹿児島行きでお会いした館長さんがいらしたのでご挨拶。
 館長さんにうかがったところでは、参加者は毎年2500人~多い時で5000人だとか。今年は中学校の体育祭と日程がかぶったそうで、中学生の参加はなかったようですが、なかなかの規模にびっくり。

 その後、まだお知り合いと合流するまで時間がかかりそうだったので、南洲墓地と神社にお参りした後、境内茶屋なんしゅうでしおせんソフトの抹茶を。ちょうどいいクールダウンになりました(^_^)


DSCN2673.jpg


 エンコのお手伝いをしていたお知り合いのみなさんと合流、いざ中村晋也美術館へ!
 というわけで、後編に続きます。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示