シカでした。 奈良旅2018年初夏 3日目 奈良公園周辺 | 清明
FC2ブログ

シカでした。 奈良旅2018年初夏 3日目 奈良公園周辺

 とうとう旅も最終日です。そして最終日にして、ようやく本物の鹿とご対面です(笑)
 この日は奈良公園周辺の興福寺、春日大社、東大寺を回りましたが、こんなに広かったんだ……(白目)という感じでした(苦笑)
 なんと、デジカメの充電が東大寺大仏殿に入ってすぐに切れました……。なんのために充電器を持っていったのやら(^_^;)
 というわけで、3日目は写真も途中までしかないので、一挙にいきます。

 ガイドブックのモデルコースを見て、「一日でこんなに回れるわけないじゃん!」とつっこむことも多いですが、奈良のガイドブックは興福寺、春日大社、東大寺とならまちを回って1日目終了にしていて、うんそうだよね……と、旅を終えて深くうなずいたことでした。
 
 ホテルからタクシーで近鉄奈良駅へ。お茶をしてから、興福寺へ向かいました。鹿いないなあと思いつつ。さすがに駅の近くにいるわけがないのですが(^_^;)


DSCN2284.jpg


 興福寺南円堂。すぐ近くで御朱印がいただけるのですが、「5種類(数字はうろ覚え)ありますがどれにします?」と言われ、一瞬きょとん。札所になっていることもあり、種類が多いようです。
 御朱印をいただいた後、三重塔を見に行く途中でなにかをしきりに訴えてくる猫に出会い、しばしたわむれました。猫氏は三重塔までついて来ました。なにを訴えたかったのかな。やっぱりエサかな?


DSCN2290.jpg


 中金堂は工事中でした。奈良ではなにかしら直しているところが多かった気がします。それにしてもこの規模、広さ。往時の隆盛が偲ばれます。

DSCN2293.jpg


 そして五重塔!


DSCN2297.jpg



 阿修羅像などがある国宝館が開くまで少し時間があったので、鹿せんべい売ってるのを見つけて歩いていったら、いました鹿!


DSCN2305.jpg


 鹿せんべいを売っているおばちゃんのななめうしろの絶妙な位置で、じっと待ってる鹿。近い。


DSCN2309.jpg


 早速鹿せんべいを購入。おばちゃんの「せんべいはすぐ隠した方がいいよ」という言葉を、「えっそんなに鹿すごいんですか~」なんて言って聞き流し、のんきに鹿せんべいにかけられた紙を破っていたら、あっという間に鹿の餌食! 鹿にもみくちゃにされました……。
 「早くよこさんかいワレ!」と言わんばかりに、あちこちから服を引っ張る! 勢いあまって腰のあたりを噛む鹿もいて、思わず悲鳴。おばちゃんもおそらく、ほら言わんこっちゃないと冷ややかに見ていたことでしょう。すでに先客が、「おばちゃん助けて!」と悲鳴を上げて鹿から逃げていたのを見ていながらの醜態ですから(^_^;)
 が、鹿にせんべいを配るのに必死で、もうまったく周りを見る余裕もなく。なくなったらすぐ、鹿に手を広げて見せ、もうないよアピールをしろ、というのは先客へのアドバイスを聞いていて分かっていたので、それだけはちゃんとやりました。
 おばちゃんの言うことは聞きましょうね……。

 というわけで、鹿にもまれてから興福寺国宝館へ。日曜日だったので、開館してすぐに入っても、結構混んでいました。
 かの有名な阿修羅像のほか、古くから伝わる仏像がたくさん。古くからのお寺や仏像がずっと守られてきたことについて、ここでも思いをいたしつつの見学。売店で、ちょうどTwitterに流れてきて知った僧兵柄(!)のマスキングテープをゲット。かわいいです(^_^)

 興福寺を見た後は春日大社へ。春日大社まで、思っていた以上に距離があり、しかも春日大社自体が広い!
 シカいっぱいいんじゃん……と、奈良公園の広さと鹿の多さに驚きつつの散策。春日大社は古く由緒ある神社だけあり、石灯籠がとにかくたくさんあり、寄進された年号を見ているだけでも楽しくなってきますが、周りを見た限りでは、石灯籠に刻まれた日付などまで見ている人が他にいない……(苦笑)


DSCN2316.jpg



 さっきの私と同じ目に遭いそうと思いつつ見ていたら、この方は結構うまくやっていました。
 観察していると、オスとメスは群れが別。あとでもらったパンフにもそう書いてありました。私はまんまと、朝イチで腹ぺこだったと思われるオスの群れに飛びこんでしまったのでした。

DSCN2321.jpg



 古い石灯籠と鹿。絵になります。

DSCN2330.jpg



 参拝後、釣り灯籠がある回廊などがある有料エリアを見学。古いもの新しいもの、よく見るとデザインもいろいろで、歴史上の人物が寄進したものも。

DSCN2336.jpg


 灯籠に火を灯す神事をちょっとだけ再現している場所。

DSCN2350.jpg



 というわけで寛政の年号がある灯籠にも鹿。

DSCN2349.jpg



 赤ちゃん鹿がいっぱい! 
 「赤ちゃん鹿大集合」と銘打ち、6月のみの公開。お金を払って入るのですが、スタジアムみたいな感じで、スタンド席からアリーナにいる鹿達を見下ろすようになってました。ここを出て裏の方に行くと、鹿にどんぐりをあげられるところがありました。ボリッボリッと音をたてて、そして結構こぼしつつどんぐりを食す鹿さん達。


 DSCN2362.jpg


 そして東大寺へ。このあたりは観光客も多く、鹿せんべいがもらえるためか、鹿も多かったです。これだけ鹿がいれば、当然ながらフンのにおいも結構します。公園の維持管理、大変そう……。


DSCN2378.jpg



DSCN2382.jpg


 東大寺には、無駄に荒々しく大きな動作で華麗にチケットをもぎって、ドヤ顔して見せるおじさんがいました。淡々ともぎるより、少しでも仕事は楽しくした方がいいに決まってます(笑)

 大仏殿に入ってすぐ、デジカメの充電が息絶えたため、ここからは写真なしです(^_^;)
 大仏殿を見学後は、三月堂、二月堂などを見学。お水取りで有名な二月堂は、ここからの景色もよいのでちょっと頑張って行くとよいと思います。裏参道が石畳で雰囲気があるらしいのですが、私は御朱印もらい忘れて元来た道を戻ってしまって通れず、残念。
 東大寺では10ヶ所で御朱印をもらえるという情報もありましたが、私は3ヶ所でいただき、ちょうど2月の京都旅行で買った御朱印帳を埋めて、それで終わりとしました。

 正倉院の方も行ってみたかったのですが、さすがに疲れてきたのでバスで近鉄奈良駅へ戻り、かき氷を食べて休憩。
 京都行きの特急で早めに京都へ。お昼よりもスイーツを優先してしまったので、京都駅でラーメンを食べ、駅内観光をしていたら、あっという間に新幹線の時間に。
 帰りもグリーン車でゆったり。名残惜しいとか仕事が嫌だから(笑)帰りたくないという気持ちは不思議となく、まあまた近いうちに行けばいいよね、という感じでした。いい感じにリフレッシュできたようです。

 奈良はどこがどうとうまく言えないんですが、なんだかとても気に入りました。時間が足りず、まち歩きもできなかったので、再訪したいなと。

 というわけで、3日目にしてようやく鹿だらけになった旅行記はこれにて。お読みいただきありがとうございました!
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示