シカでした。 奈良旅2018年初夏 2日目 飛鳥サイクリングなど その2 | 清明
FC2ブログ

シカでした。 奈良旅2018年初夏 2日目 飛鳥サイクリングなど その2

 飛鳥サイクリングなどを満喫した2日目、続きです。

 お昼の後は、すぐ近くにある飛鳥板蓋宮跡へ。地図と案内板に従って進んでいくと、本当にこっちでいいの!?という細いあぜ道(一応舗装されている)に。ビビりつつ、無事到着。遺構が整備されてちょっとした公園になっています。
 ここは、蘇我入鹿が暗殺された乙巳の変の舞台になった場所です。


DSCN2199.jpg



DSCN2202.jpg



DSCN2203.jpg


 田んぼの中を通って大きな道に戻り、飛鳥寺へ。途中の万葉文化館は、近くまで行ったもののなんとなく入らず。
 飛鳥寺は日本最初のお寺とされ、ご本尊は仏像としては日本最古とされる飛鳥大仏なのですが、ご本尊は創建以来ずっと同じ場所にあり、移動したことがないのだとか。

DSCN2211.jpg


 そしてなんとここ、堂内撮影OK(もちろんフラッシュは禁止)なのです。びっくり。ある程度堂内に人数が集まったのを見計らって説明をして下さるのですが、写真撮影OKの理由を、地元の人達がずっと大事に守ってきたものだから、と言っていました。
 とは言え、撮影OK=ネットにあげてOKではないと思いますし、おそれおおいのでご本尊の写真は載せません。
 今は境内もそれほど広くないですが、往時は回廊などもあるかなり壮大な伽藍が存在したようです。


DSCN2218.jpg


 お寺の裏手には、蘇我入鹿の首塚があります。人がいて思うように写真が撮れずこのアングルですが、首塚の正面に立つと、首塚越しに蘇我氏の邸宅があったという甘樫丘を臨むことができます。このあたりはまさに蘇我氏の本拠地だったわけです。


DSCN2222.jpg


 あとで飛鳥寺でいただいた御朱印を見たら、なんときれいに切られたタウンページが、墨を吸う和紙代わりに挟まれていてびっくり(笑)伏見の大黒寺でティッシュが挟んであってびっくりしましたが、その上を行きましたね。

 豊浦宮跡や小墾田宮跡に行ってみたかったのですが、道が分からずあきらめ、甘樫丘も麓を通ったものの自転車を降りて行くことはせず。それなりに疲れていたのかも知れません(^_^;)
 そのままひたすら橿原神宮前駅へと自転車を走らせ、自転車を返却。電車で奈良市内へ戻り、少し時間があったので平城宮跡へ行きました。

 そ、草原だ……。そして広い……(呆然)


DSCN2230.jpg


 平城宮跡を走る電車。上の写真、分かりづらいですが電車ごしに大極殿が見えます。下の写真に小さく写っているのは朱雀門。


DSCN2232.jpg


 朱雀門着いた!

DSCN2235.jpg


 地図を見ず適当に歩いていたのと、平城宮跡の横を通る道が交通量が多く、なかなか道路を横断できなくて、まず平城宮跡資料館に行きたかったのに失敗……。
 しかし、朱雀門近くに新しくできた平城宮いざない館が、無料とは思えない内容で分かりやすく、予想外によかったです。

 朱雀門から大極殿を臨む。

DSCN2243.jpg


 いざない館でちょっと休んだり、展示を見ていたら朱雀門が閉まってしまい、大極殿には行けず。時間が足りなかった……。
 
 平城宮跡で一番テンション上がったのがこれ! 遣唐使船!


DSCN2256.jpg


DSCN2257.jpg


 どうも見たことあるようなと思ったら、主に「吉備大臣入唐絵巻」などの絵画をもとにした復原だそうで。設計図などが残っているわけではないので、想像で補っている部分もそれなりにあるらしいのですが、乗れるのがいい! 入口には天平風の衣装を着た係の方がいて声がけしてくれます。


DSCN2270.jpg


 天平風衣装の係の方が船上を見回っているのを見て、テンション上がりました。こういう復原施設で写真撮りまくってしまうのが、歴史好きの性……。ふと我に返ると、写真撮りまくってるの私だけでした(苦笑)


 遣唐使船の近くにはカフェやお土産物を売っている建物があります。この日もそこであのシカに出会ってしまいました。二次元のシカ、本当にいっぱいいたなあ……(笑)
 天平風の衣装を着ているぬいぐるみが買えるのはここだけ! 限定何個! とか言われるとついつい(^_^;)
 クリアファイルには、昔からなんとなく好きな歌「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」(阿倍仲麻呂)が書かれていることもあって選びました。


DSCN2392.jpg


 ここから宿が近そうに思えたので歩いたのですが、思っていた以上に距離があり、道を間違えたりもしたので、体力をロス。
 食料調達も面倒になり、ちょっと奮発してホテル内の日本料理屋さんで夕食。大和鍋つきの御膳、どれもとてもおいしくて大満足でした(^_^)


DSCN2278.jpg


DSCN2279.jpg


 3日目、最終日にしてようやく本物の鹿にご対面です(笑)
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示