シカでした。 奈良旅2018年初夏 2日目 飛鳥サイクリングなど その1 | 清明
FC2ブログ

シカでした。 奈良旅2018年初夏 2日目 飛鳥サイクリングなど その1

 奈良2日目は、飛鳥に行きました。お天気にも恵まれ、とても気持ちよくサイクリングできました。
 それに、どこに行っても大して混んでない!(これ重要)

 8時半頃に飛鳥駅着。駅はこんな感じ。駅前にレンタサイクルのお店がいくつもあって、びっくり。
 レンタサイクルの受付が9時からだったので、早く着きすぎたな~と思いつつ観光案内所に寄ってみたり。

DSCN2126.jpg


 試しにオープン前にお目当てのレンタサイクルのお店に行ったところ、なんともう開いてて先客がいました。
 今回選んだのは、明日香レンタサイクル。乗り捨てできるとガイドブックで見たので、飛鳥駅スタートで橿原神宮前駅をゴールにしようということで。
 案外坂もありますよ、と言われたので、体力温存で電動自転車を選択。乗り捨て料は返却時に200円払えばOKとのことでした。

 いざ、高松塚古墳へ! いきなりの坂。レンタサイクルのお兄さんに感謝。
 車道を走らなければと思っていたら、走り始めてすぐ車にクラクションを鳴らされ(^_^;)見ると歩道に自転車マーク。道はサイクリングしやすいようになっているところも多く、どこに行っても駐輪場があり、地域ぐるみで観光はサイクリングを推奨しているように見受けられました。バスもあるにはありますが、天気さえよければあまり時間を気にしなくて済むレンタサイクルが一番よさそうです。緑が多いので、気持ちよく走れます(^_^)


DSCN2130.jpg


 高松塚古墳は、公園として整備された一帯の中にあります。高松塚壁画館、入口が暗くてやってないのかと思い、最初スルーしてしまいました(^_^;)

 
DSCN2131.jpg



 高松塚古墳から数分歩くと、文武天皇陵があります。

DSCN2138.jpg



 高松塚古墳がある丘を登り切ったあたりから見た風景。飛鳥の田園風景は、なんだか心に染みました。はっきりなにがいいと言えないんですが、いいんです。

DSCN2136.jpg



 そして高松塚壁画館へ。高松塚古墳内部の壁画の復元などが展示されています。

DSCN2145.jpg


 高松塚古墳から、聖徳太子が生まれた場所に建つとされる橘寺に行く途中に、天武・持統天皇陵がありました。


DSCN2148.jpg


 やはりサイクリングしていたおじさんが止まって写真を撮っていたのでなんだろうと思ったら、天皇陵をいい感じに横から見られるのでした。


DSCN2152.jpg


 橘寺の近くにある亀石。癒やし系のかわいい亀さん、なぜ作られたのかよく分かってないようです。亀石付近に地元の人達が田植えをするらしく集まっていたので、橘寺の場所を聞いたら、行ったことがなくて知らないと言われてしまったり……(苦笑)
 とにかくまっすぐだと言われ、亀石で高松塚古墳で道を聞いてきたおじさんと再び一緒になったので、確認しあいながら橘寺に着けました。

DSCN2153.jpg


 橘寺は、聖徳太子が生まれた橘宮があった場所をお寺にしたという、古いお寺です。
 先に案内板などを見ていたおじさん、門の前で中をのぞき込むようにして入ろうとせず。見る価値があるのか考えている、と。私は入りますね~と言うと、またどこかで一緒になるかも知れませんね、と言ってそのまま行ってしまいました。せっかく来たんだから、入ればいいのに……。

 
DSCN2157.jpg



DSCN2160.jpg


 入ってすぐ、なんだかここいいなあ、と思いました。欽明天皇の別宮だったそうなので、いい場所を選んでいるというのもあるのでしょうか。
 本堂には鎌倉時代のものなどが、ガラスケースなどもなく置いてあり、超至近距離で見られます。センサーによる警備システムはついているようですが、いいのかこんな近くで、と驚きつつの見学。ただし、だいたいどこもそうですが、堂内の撮影は禁止です。


DSCN2161.jpg


DSCN2163.jpg


 橘寺を見学後は、石舞台古墳を目指してサイクリング。自転車を置いた後、よく分からず違う方向に歩いたりもしつつ、石舞台古墳着! この頃にはさすがに暑かった……。
 小さい頃に写真を見てついたイメージで、草原の中にぽつんと石舞台があるかのように思っていたのですが、そもそも古墳なんだからそんなはずはないわけで、長年のイメージが実物を見てようやく修正されました(苦笑)


DSCN2176.jpg


DSCN2177.jpg


DSCN2184.jpg


 石舞台古墳は蘇我馬子の墓であるという説が有力視されていますが、古墳に使われた石の大きさは当時の蘇我氏の力の大きさを示すものでもあるのでしょう。石は数キロ先から持ってきたことが分かっているらしいですが、重機などもない時代に、どれだけの人が動員されたのか……。


DSCN2186.jpg


 石室の中にボランティアガイドさんがいて、説明をしてくれます。中は案外広いです。日光も避けられるし、涼しくていいかも(笑)でも、聖徳太子と蘇我馬子が律令国家を作るために協力して云々という説明は、ちょっと時代が早すぎるんじゃないかな……。


DSCN2197.jpg


 石舞台古墳を見学後は、飛鳥寺方面へ。途中、お昼になったし今日こそはちゃんと食事するぞ、ということでにゅうめんと柿の葉ずしのセットを。にゅうめんが具だくさん! 柿の葉ずしもおいしゅうございました。


DSCN2198.jpg


 写真の量からしても、やっぱり飛鳥よかったんだな……。
 というわけで、その2に続きます。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示