シカでした。 奈良旅2018年初夏 1日目・斑鳩・薬師寺 その2 | 清明
FC2ブログ

シカでした。 奈良旅2018年初夏 1日目・斑鳩・薬師寺 その2

 奈良旅1日目、その2です。

 法輪寺から雨上がりの道を歩いていくと、なぜか道に背を向ける方向に置かれている案内と、整備された空間が。
 山背大兄王の墓とされている場所を眺めるための空間でした。


DSCN2083.jpg


 DSCN2084.jpg


 あまり車も通らない緑の中を歩いていると、やがてバスも通る少し大きな道に出ました。そこからちょっとだけ入ったところに法起寺が。ぽつんとお寺が現れる感じ。

 DSCN2096.jpg


 法起寺は、聖徳太子の遺命により岡本宮という宮殿の跡をお寺にしたとされ、実際に宮殿跡と思われる遺構が確認されているとのこと。お寺のパンフレットによると、太子御建立七ヵ寺の1つとされ、尼寺として建てられたようです。

 法起寺に着いたあたりからまた雨が降り始め、そのせいか見学者が私ともう一人しかいない、がらんとした空間が少しさみしい感じもしました。が、往時はさぞ法隆寺などと共に栄えていたんだろうなと想像。このお寺の三重塔は国内最古だそうです。


DSCN2088.jpg


DSCN2092.jpg

DSCN2095.jpg


 ここまで来ると、奈良市内の方に戻るバスも本数が少ないので、注意が必要です。バス停はすぐ近くなのですが、乗り遅れたらと心配で、その上バスの時間を勘違いして早くバス停に行き過ぎて、もう少しゆっくり観ればよかったとちょっと後悔(苦笑)
 天気がよければ、レンタサイクルもあるので、のんびり一通り回るのもありだと思います。ですが、法隆寺からここまで来る間に、お店どころか自販機もあったかどうかという感じなので、昼食や飲み物などは駅か法隆寺周辺で調達しておいた方がよさそうです。

 法起寺見学後、バスルート上でもあり、薬師寺に寄ることにしましたが、薬師寺までが結構かかりました。再び降り出した雨を避けられた上、休憩になってよかったですが……(例によって?昼も食べずここまでまともな休憩なし)

 しばらくバスに揺られ、薬師寺着! 観光バスがいっぱいで一瞬げんなりしましたが、境内が広いせいもあってかちあうことなく見学できました。
 東塔は残念ながら修理中。特別公開中のためか、三方に三角の券がついた、ちょっと面白い形のチケットでした。


DSCN2098.jpg


DSCN2100.jpg


 食堂の前に、境内に大きな鉢に植えられた蓮がたくさんありました。去年落慶したばかりだという食堂内には、とても雰囲気がある壁画が。


DSCN2108.jpg


 薬師寺は道路を挟んで白鳳伽藍と玄奘三蔵院伽藍に分かれており、玄奘三蔵院が特別公開中だったのでここも見学。玄奘三蔵の姿を写した御朱印もいただきました。


DSCN2116.jpg



DSCN2114.jpg


 この時点でもう15時を過ぎていたので、近くの唐招提寺に行くのは断念。しかも真っ先に行くべき西塔を見学していなかったという……(^_^;)しかし戻ったおかげで、見逃していたものも見れて、結果オーライでした。
 西塔には中村晋也作・釈迦八相像があるのですが、大久保利通銅像などの作者としてしか知らなかったので、ここでこの方のお名前に出会うとは思わず。

 薬師寺見学後、バスでJR奈良駅に戻り、早めの夕食で葛うどんをいただきました。しっかりしたおだしがとてもおいしかった!

DSCN2124.jpg


 そして駅で出会ってしまったシカ、しかまろくん。こういうお土産物は見かけた時に買っておかないと、後で他にはどこにもなくて後悔することもあるので、勢いこんで買ったのでした。でも、たまたま私がこの日こういうお土産物を扱っているところに行かなかっただけで、実はあちこちにいっぱい生息していたのでした(笑)

DSCN2391.jpg

 2日目、飛鳥サイクリングに続きます。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示