村田新八の息子達の名前に関する疑問(歴史新書『村田新八』補遺 番外編) | 清明
FC2ブログ

村田新八の息子達の名前に関する疑問(歴史新書『村田新八』補遺 番外編)

 歴史新書『村田新八』補遺、いきなり番外編です。

 なぜ番外編かというと、新書執筆中にふと疑問に思ったものの、そんなのどうでもいいじゃんと言われかねない、しかも史料的根拠も現状取れないものだからです(苦笑)
 その疑問とは、はたして村田新八の長男・岩熊の名前は「岩熊」なのか「岩」なのか? 岩熊と二男・二蔵の諱(いみな。通称の他に持っていた実名)は入れ違いになってはいないか? ということ。
 つらつら書きますが、よろしければおつきあい下さい。なおここでは、記述は一番通りがいい岩熊とします。


・はたして村田新八の長男・岩熊の名前は「岩熊」なのか「岩」なのか?

 明治初年には、岩熊は代々の村田家当主の通称である十蔵を名乗っていたようです。新八は高橋家から来た養子ですが、新八の養父が亡くなった後、岩熊は村田家の嫡男だからということで、十蔵を名乗ることにしたのでしょう。
 しかしどうやら、留学から帰国後は、生まれた時からの名前である岩熊に戻した、もしくは岩と名乗った可能性があります。

 これは新書の本文中(第二章「長男・岩熊の留学と戦死」)にもちょっと書きましたが、岩熊が西南戦争に従軍して戦死した際の埋葬記録(「薩賊死亡姓名」、「明治十年丁丑薩隅日州人戦死名録」)では、名前は村田岩と記載されています。鹿児島の南洲墓地にあるお墓にも、村田岩と刻まれているのです。
 ということは、少なくても明治十年には、岩熊は「村田岩」だったことになります。

 そもそも、昔の日本では名前というのはころころと変わるものでした。西郷隆盛はややこしいぐらいに変わってます(笑)
 それが、明治以後に名前は一つにしなさいよ、ということになります。その時に西郷の名前を、「吉之助ん諱はなんじゃったか、確か隆盛じゃったな」という吉井友実の勘違いで、本来西郷の諱は隆永だったのに、父親の諱である隆盛を名乗ることになったというのは、有名な話です。そのぐらい、諱というのはあまり使わないものだったわけです(なぜなのかは、Wikipediaの諱の項目などを読んでみて下さい)

 名前の変わり方は、例えば大久保利通だとこうです。

 正袈裟→正助→一蔵→利通

 ただし厳密には、大久保の最初の諱は利済なので、明治までは通称と並行して、利済、利通を使い、明治以後は利通にしたということになります。

 昔の薩摩では幼名に、「袈裟」や「熊」をつけることが多いようです。大久保は自分の子供達の名前には、「熊」をつけてます。しまいには七番目だから七熊とか、適当かよ(笑)という名前になりますが、これは名前は変えること前提だったからです。新八の三男も、最初の名前は十熊(のち経正)です。
 名前に「袈裟」や「熊」をつけるのは、子供が元気に育つようにという、おまじない的な風習かと思われます。

 つまり「岩熊」なのか「岩」なのか問題は、大きくなった岩熊が、名前から熊を取って「岩」を自分の実名としたのではないかと考えられるわけです。ただし、この「熊」におまじない的な意味があったということは、名前において「熊」という字はどういう扱いだったのか、日常その人を呼ぶ時には「熊」をつけていたのかどうか、という疑問も生じます(こうした名前に関する民俗学的なことを詳しく書いた本などあれば、ぜひ教えていただきたいです)
 さて、以上も踏まえて、次です。


・岩熊と二男・二蔵の諱は入れ違いになってはいないか?

 『西南記伝』の「村田岩熊伝」に、「村田岩熊、名は經義」とあり、「村田二蔵伝」には、「村田二蔵、初め、釜次郎と稱す。名は經明、後、經義と改む」とあります。ここでは、名=諱の意味で使われています。

 新書では、『西南記伝』及び加来耕三「村田新八とその次男」(『歴史研究』一九九二年十一月号)に基づいて、二蔵が西南戦争後に名前を経義に改めたとしました。兄の諱を継いだとも考えられる、二蔵の思いが感じられる改名であるとも言えるのですが、しかしです。
 夢も希望もなくなってしまいますが、そもそも『西南記伝』に書かれた二人の諱と、二蔵が経義と改めたという根拠はなんなのか。二蔵は明治十一年五月付の「懲役人筆記」ではすでに経義を名乗っていますが、この時十八歳。岩熊も二蔵もまだ若く、最初から諱は経義だったのでは? と私はふと思ったわけです。

 そもそも諱は、前述のとおり、近しい友人でもちゃんと覚えていないようなものなのです(単に吉井のうっかりだった可能性もありますが 笑)『西南記伝』がなにを参考にしたのか分かりませんが、二人の諱が取り違えられている可能性も、なきにしもあらずだと思います。
 しかし、この私の仮説を裏づける資料が現状見つけられていない以上、『西南記伝』に書かれているとおりなのかも知れません。
 なので今のところはロマンを残して、二蔵の諱は最初は経明だったが、のちに兄の諱だった経義を名乗った、としておきたいと思います。

 以上、長くなりましたが、村田新八の息子達、岩熊と二蔵の名前に関するちょっとした疑問でした。



 
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示