村田新八は「戦場のアコーディオン弾き」だったか(改訂版) | 清明
FC2ブログ

村田新八は「戦場のアコーディオン弾き」だったか(改訂版)

 その後さらに分かったことがあったので、以前に掲載したものを少し書き直してみました。なお、元記事もそのまま残しています。

 幕末明治好きの方には、村田新八=アコーディオン(風琴・手風琴)というイメージが定着しているのではないでしょうか。実際、ネットで検索してみると、「村田新八は戦場でアコーディオンを弾いていた」云々という記述がたくさん見つかります。
 ドラマ「田原坂」でも、新八がアコーディオンを弾くシーンが出てきます。大河ドラマ「翔ぶが如く」では、城山総攻撃の前夜、新八が弾いていたアコーディオンを曲の途中で燃やしてしまうシーンが印象的です。
 司馬遼太郎の『翔ぶが如く』では、新八が洋行中にアコーディオンを手に入れたとしていますが、当時の事情を考えれば、そう考えるのが自然でしょう。なお、伊東潤『武士の碑』では、新八が弾いたのはアコーディオンではなく、似たような楽器であるコンサ-ティーナであるとしています。
 では本当に、新八はアコーディオンを弾いたのか。
 
 『西南記伝』の「村田新八伝」には、こうあります。
 「新八、平生美術を愛し、又、音楽を好む。其家に在るや、常に風琴を携へ、容易に手を離さざりしと云ふ」
 『西南記伝』は明治四十年代の成立で、この頃には新八を知る人々も当然生きています。この本には新八のいとこ、高橋新吉の証言も載っていますし、そういった周囲の人々から情報収集したのではないか、そう思っていましたが、最近Twitterでご教示いただいた資料に、こういう記述を見つけました。

 村田新八平生美術を愛し、また頗る文字に富む、彼嘗て佛國に遊ひしときあり、彼の美術を愛する淵源夫れ或は幾くか此處等にあらん、而して彼は軍中にも常に風琴を携帯し、容易又手を放さざりしと云ふなり。

 これは西南戦争に少年兵として従軍していたという、小林新八著『岩崎洞中記』(明治27年)にある文章です。『西南記伝』の記述と似ていないでしょうか? もしかすると『西南記伝』の執筆者が参考にした資料に、『岩崎洞中記』が含まれていたのかも知れません。
 これで、アコーディオンの話が『西南記伝』からさらにさかのぼれることが分かりました。とは言え、新八がアコーディオンを弾いたというのは本当なのか?と、長年引っかかっていたところ、少し前にご子孫の証言を見つけました。新八の次男・二蔵(経明、西南戦争後基太村家に養子入り、経義と改名)とその娘の寿(とし)はアコーディオンが上手だった、というのです(「歴史研究」1992年11月号、加来耕三「村田新八とその次男」)
 ということは、アコーディオンは次男の家に伝わったことになります。つまり、新八がアコーディオンを日本に持ち帰り、「家で」たしなんでいたのは、おそらく事実でしょう。赤瀬川隼の小説『朝焼けの賦』では、新八よりも次男の二蔵の方がアコーディオンがうまくなった、と書かれていますが、これも作者の創作ではなく、おそらくこの記事を見たのだと思われます。 

 では新八は戦場でもアコーディオンを弾いたのか。先日『西南記伝』の「桐野利秋伝」に、新八が戦場で風琴を弾いたという記事があると書かれたブログを見つけました(明らかにチェック不足でした……)
 早速確かめると、城山陥落の日、岩崎谷で銃を撃ち、ことごとく命中させる桐野に、「時に村田新八、傍に在りて、之を賛し、風琴を把て、飛丸の響と調子を合わせたりと云ふ」とありました。この話の元ネタも、『岩崎洞中記』だった可能性があります。同書の記載はこうです。
 「時偶々村田新八傍にあり、桐野を賛して風琴を取り、飛丸の響と調子を諧せたり、是れ即ち死に先つ二三十分前」
 「死に先つ二三十分前」ですよ!? つまり、おそらくはもう西郷隆盛も亡くなっており、最後の激戦の最中ですよ!? これって、要するに効果音をつけたってことですよね? 風琴はどこから出てきたんですか? 岩崎谷の塁に置いてあったんですか? 私にはファンファーレ的なものを鳴らす新八しか想像できないんですが!(笑)

 『岩崎洞中記』は西南戦争で城山陥落の日まで戦った生き残りに話を聞いた、ということになっていますが、私はこの話、かなり眉に唾をつけております。なぜなら、こうした戦場で西洋の珍しい楽器を弾こうものなら、目撃した人々が書き残すはずだからです。しかし、数多く残されている西南戦争の従軍日記や、薩軍の口供書などにはそういった目撃談はないようです。
 言い伝えられているとおりの、山高帽にフロックコート、日本刀を腰に、という姿で、戦場においてアコーディオンを弾く。劇的で強烈で、印象に残らないはずがありません。さらにここでは、城山陥落のその朝に戦いの中で弾いた、ということになっているので、もし本当なら語り草になったのではないでしょうか?
 現実的に考えて、ある程度値も張り、貴重かつ壊れてしまったら直しようもなくかさばるものを、戦場にまで持っていくでしょうか。形見とすべく、家に残していくのが普通ではないでしょうか。
 しかし、小説・ドラマなどの創作では、こんな絵になる設定を放っておくはずもなく、村田新八は戦場でアコーディオンを弾いていた、というイメージができあがったのでしょう。
 ちなみに、維新ふるさと館の展示パネルには、「村田新八のアコーディオン」とキャプションがついた古いアコーディオンの写真があります。この写真の出所が分からないか(戦前にどこかで展示されていたのではないか)、ちょっと調べてみたのですが、今のところつかめていません。

 というわけで、新八が戦場でアコーディオン(風琴)を弾いたという話は、現時点では明治27年にそういった記述があることが確認できました。もっとさかのぼれるのか、もしかして西南戦争当時からなにかに書かれていたりしたのか、今後ももう少し追ってみたいと思います。

※これ以外にも新八が戦場でアコーディオンを弾いていたと書かれている資料をご存じの方は、ぜひご教示下さい。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示