まち歩きツアーで歴史ガイドデビューしました。 | 清明
FC2ブログ

まち歩きツアーで歴史ガイドデビューしました。

 なんだかんだでブログ更新できず、すでに1週間近く経ってしまったのですが……。
 5/28に、「薩長両藩ゆかりの地歴史探訪<東京まち歩きツアー>」で歴史ガイドデビューしました!
 今回縁あってお話をいただいて以来、ちょこちょこと準備をして当日を迎え、なんとか無事務められたので、本当にほっとしています。

 ゲストに島津斉彬と久光の血を引く島津忠之さんをお迎えし、東京にある薩長ゆかりの地を歩いてめぐるツアー。私は薩摩関係のガイドを担当。長州側のガイドは、タレント活動やジャパネスクナビゲーターとして活躍してらっしゃる、下関出身の三宅あみさんでした。

DSCN0524.jpg

 九段下で集合し、まずは蕃書調所跡で私が説明。いや~、緊張して足が震えるってホントなんですね(笑)初めての経験でした。
 なんとか最初の説明を終え、次は品川弥二郎と大山巌の銅像へ。品川弥二郎について説明する三宅さんの話を聞きながら、さすがに話し方がうまいなあ、私はどうも固いなあ、と反省しつつ(^_^;)
 ここでは、大山巌について話す前に、品川弥二郎の銅像の横にある、明治4年に作られた常灯明台(できた当時は道路の反対側にあったらしい)の説明もついでにしたのですが、この常灯明台が配付資料に載せた錦絵にそのままの姿で載っていたこともあり、結構みなさん興味を持たれたようでした。
 大山巌についての説明の時に、戦前の東京は銅像だらけの街だった、という話もしました。下調べ段階で改めて分かったのですが、昔の地図には結構銅像の位置も書きこまれているのです。大山巌の銅像はかつて陸軍省の敷地内(現在の憲政記念館周辺)にあり、その後現在の場所に移転したとのこと。もともと品川銅像の隣には、川上操六の銅像があったようです。他にも、海軍だと西郷従道、川村純義、仁礼景範の銅像があったとか。それらは戦時中の金属供出や、戦後の政策によりなくなってしまいました。
 ガイドのために調べる過程で、今回こんなふうに改めて知って、いろいろ勉強になりました。

 木戸孝允邸跡は、靖国神社を歩きながら、あの辺ですと説明。それから大村益次郎の銅像や第二鳥居を見て神社に参拝、練兵館跡などを案内後、東郷元帥記念公園で休憩。明石屋のかるかん饅頭が配られました(^_^)
 東郷について説明している時、「東郷は人望があったんでしょうね」と言われたので、つい「それは小笠原長生という人がいて、この人が東郷の神格化を推進したようなところもある」という話をしてしまいました(苦笑)

DSCN4283.jpg

 その後は、大久保利通が暗殺された場所の近くにある清水谷公園へ。哀悼碑の前では、暗殺時のことや有名な大久保の借金の話をしましたが、まだ武士の精神的なものは色濃く残っており、暗殺する側も斬姦状を出し暗殺後には刀を捨てて自首している、というのをもうちょっとちゃんと話せばよかったなと。

 そして、次はいわばこのツアーのハイライトになった憲政記念館。なんと、このツアーのために特別に、別室に薩長関係の資料を準備していただけたのです。ただしなにが出てくるかは、ツアーの担当者さんも教えてもらってないので、当日のお楽しみに。
 いざ別室に案内されると、テーブルの上に掛け軸が3本並べられてました。手前の掛け軸を見るなり、思わず「ああ西郷さんの……!」と独り言。署名が「武邨吉」になっている西郷隆盛の書、坂本龍馬が日露戦争時に夢枕に立ったという話をもとにした龍馬の絵、木戸孝允が長崎で揮毫したという書を見せていただきました。
 2階の展示の幕末維新関係を解説した後は自由に見てもらって、というお話でしたが、学芸員さん、参加者の方々が真剣に聞いてくれるのがうれしくなったのか(?)、結局最後の1階の展示まで解説いただきました。速記や議会で使われる用語についての解説がためになりました。

 途中、大久保利通邸や島津公爵邸などの場所について説明もしつつ、日比谷公園へ。長州藩邸についてや日比谷公園での国葬の話をした後、鹿鳴館跡(薩摩藩装束屋敷跡)へ。琉球の使節のことや鹿鳴館について説明しました。もうちょっと琉球の両属についてなど、ちゃんとお話しすればよかったかも? 三宅さんのガイドを見習って、小ネタ的な話をうまく話そうと試みたのですが、もともとが話し下手なのでイマイチだったかな(苦笑)

DSC_0330.jpg

 とまあ、各所でいろいろと反省もありつつ、かごしま遊楽館にゴール! 薩摩料理のお昼をいただきました。ゴーヤ入りのさつま揚げが結構おいしかったりと堪能しました(^_^)
 この昼食の席で、島津さんから島津家のことなどいろいろお話がありましたが、人前でのスピーチにも慣れてらっしゃるようで、内容も濃かったです。さすがに先祖の歴史については、勉強されているようでした。
 山口のはちみつゆずドリンクをお土産にいただき、解散。緊張していたのと、歩きながら参加者の方々といろいろお話ししたので、あっという間の時間でした。ガイドデビュー戦だったので(と言いつつ、次があるかは分かりませんが……)、いろいろ至らない点も多かったと思いますが、私自身も楽しく過ごすことができました。
 ご参加いただいた皆様、三宅さん、島津さん、ツアー担当者さんなど関係者の方々、お疲れさまでした! ありがとうございました。

※写真はさすがにツアー中撮る暇がなかったので、過去に訪れた時のものです。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示