鹿児島旅行記 その1 2016年1月15日 | 清明
FC2ブログ

鹿児島旅行記 その1 2016年1月15日

 1月15日から2泊3日で、鹿児島に行ってきました!(たぶん7回目)
 今回は黎明館での史料調査、いちき串木野市の薩摩藩英国留学生記念館、日置市のイベント「薩長同盟と小松帯刀」の聴講付バスツアー参加と、盛りだくさん。相も変わらず歴史漬けでした(笑)
 その旅のレポートを、3回に分けて書きたいと思います。

 朝イチの便に乗るため、朝は4時過ぎに起きました。すでに7回目の鹿児島行きだというのに、1週間ぐらい前からカウントダウンを始めるほど楽しみなのはなんなんでしょう、鹿児島が好きすぎます(笑)

 DSCN0177.jpg


 雪が少ない富士山。この数日後、関東は雪に降られるわけですが(^_^;)

 無事鹿児島空港に着き、思ったよりも早く市内中心部に入れたので、まずは駅前周辺をチラッと回りました。
 まずは、すでに鹿児島に行くと習慣になっている(?)大久保銅像への挨拶(笑)


DSCN0180.jpg


 大久保銅像前の甲突川沿いの道は整備されてますが、この前来た時あったかなあ、という案内板が。足元の世界地図を囲むように、案内板が4枚設置されてました。グローバルな薩摩を表現。ここは円形広場という名称らしいです。

DSCN0181.jpg


DSCN0185.jpg


DSCN0184.jpg

 大久保利通生い立ちの地へも立ち寄った後、維新ふるさと館でグッズだけ買いました。もう3回ぐらい行ってるので(^_^;)
 その後、高速バスターミナル近くの朝市へ。お目当ては、この時期が旬のはずの桜島小みかん。しかし、置いているお店を見つけられず残念!
 市電でいづろまで行き、お昼をまるはちふくれ菓子店の地下で食べました。私はここのふくれ菓子がふわふわでおいしいので大好きで、ここ数回は鹿児島行く度に買ってます。パスタランチは、サラダ・スープ・ドリンク・ふくれ菓子のアイス添えのデザートまでついて、780円とお得!
 いづろの交差点から、コミュニティサイクルの「かごりん」を利用。桜島を見たかったので、あえてちょっと遠回りして西郷銅像前まで自転車で疾走。鹿児島着いてからここまでの移動、さすがに土地勘がついてきてまったく地図も見ない自分に思わず苦笑。


DSCN0189.jpg

 
 西郷銅像前には何度か来てますが、この碑には初めて気づいたかも(西郷銅像自体の写真は撮ってませんでしたw)
 自転車をポートに返し、県立図書館の方から黎明館へ。
 
 朝ドラにも出てきた「薩摩辞書」の碑。朝ドラでは五代友厚が作った、というセリフがありましたが、実際には高橋新吉(村田新八のいとこ)、前田献吉・正名兄弟が幕府が出した英和辞書を元に編纂したもので、五代友厚は売りさばきやその後の再版などに協力しています。

DSCN0192.jpg


 黎明館で史料閲覧をさせていただく前に、さらっとではありますが一通り展示を見ました。いつ来ても静かで、ゆっくり見られるのはいいんですが、もっと人が来てもいいんじゃないかなあと毎度思います。シティービュー乗ってても、最寄りバス停で降りる観光客があまりいないようで残念。
 ガラスケース1つ分の特別展示で、五代が描いた水墨画に大久保が賛をつけたもの、五代から大久保への西南戦争直後の手紙など、五代コーナーができてました。

 約束の時間少し前になったので、1階に下り総合案内で名乗って、学芸課のあるフロアへ。会議室に指定した史料が準備されていて、ドキドキしながら撮影開始。最初こそ恐れ多すぎて自分には生史料さわれない! とビビりまくってましたが、その後は最初のセッティングだけやっていただいて、黙々と自分で撮影。
 ただし、やっぱり直接史料にさわるのは恐れ多くて、持参の白手袋を使いました。後から考えたら、生史料さわるのは全然初めてじゃなくて、これまで普通に国会図書館の憲政資料室で、大山巌の手帳とか村田新八の手紙を何回も閲覧してたんでした(苦笑)
 2時間ほどで調査は終了。今回、担当の学芸員さんには本当に親切にしていただき、お世話になりました。ありがとうございました! 問題はこれからの解読です。頑張らねば。

 思ったよりも早く終わったので、桜島に行くことにしました。フェリー乗り場までまた自転車を借りて移動。1回につき30分以内の利用であれば、何回でも1日200円で利用できるので、市内をちょっと回るにはとてもいいです。
 緊張が解けて、ぼけーっとフェリーに乗船。


DSCN0305.jpg
 

 鹿児島滞在中、晴れたのは中日だけでしたが、桜島は終始きれいに見えてました。
 ここでのお目当ては、桜島に行けばあるだろう、ということで、桜島小みかんと温泉! 無事道の駅で小みかんをゲット。


DSCN0306.jpg

 これが小みかんの木。世界最小のみかんと言われてます。皮の香りが高く、小さくても味は濃いです。種が多いのだけが難かも。

 国民宿舎に併設の桜島マグマ温泉に入っているうちに日が暮れました。ぽかぽかの身体でフェリーに乗り、さて夜ご飯どうしようかと思っていたら、私同様「薩長同盟と小松帯刀」参加のため、東京から来ていたお友達から夜ご飯のお誘いが(^_^)
 前々から気になっていた「かごっまふるさと屋台村」でご飯。鶏がメインのお店に入りましたが、だいたいなにを食べてもおいしかった! 特に鶏刺しがおいしかったかも。甘いお醤油がまたあうんですねえ。観光客向けなのかと思っていたら、結構地元の人も来ていて、1軒1軒のお店が狭くて自然に隣の人と会話が生まれたりするので、地元の人と話せていいかも知れません。
 いつもはたいていぼっちだし、お酒も飲めないためこういうお店には行かないので、とても楽しかったです(^_^)

 鹿児島市内も7回目ともなると、自分でもびっくりするほど写真撮ってないですが、充実の1日でした。
 2日目のいちき串木野市編に続きます。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示