幕末維新祭りと神田古本まつり | 清明
FC2ブログ

幕末維新祭りと神田古本まつり

 萩・世田谷幕末維新祭りの1日目と、やはり今週末から開催の神田古本まつりに行ってきました!
 が……。今回が初めてだった幕末維新祭り、私は一坂太郎さんの講演を聞こうと思っていたのが、時間を勘違いし早く行きすぎて、結局各種イベントはなにひとつ見ずに、神保町に行ってしまいました(苦笑)残念! しかもカメラを忘れたので、画像はスマホで撮影したものです(^_^;)

NEC_0213.jpg


 松陰神社に着いたのが、11時のオープニングセレモニーすら始まっていない時間帯(苦笑)神保町→松陰神社の計画を出がけに逆に行くことにしたのもありますが、前述したように講演会の時間を13時ぐらいからだと思っていた&お茶して時間つぶせるようなところを商店街に見つけられなかったのが敗因です(苦笑)
 しかし、混まないうちに吉田松陰のお墓参りをし、神社にも参拝し、お祭りの雰囲気は味わえた上、神保町では非常に豊漁だったので、結果オーライということにしておきます。

 まずは吉田松陰のお墓参り。松陰神社自体初めてだったので(なにせ薩摩っこw)、案外広くてびっくりしました。勝手に、すごくこぢんまりした神社だろうと想像していたので。


NEC_0220.jpg


 墓所で、お祭りに出店している知人とばったり! 「早いね!」と開口一番言われてしまいました。あはは。
 過去のお祭りの画像など見ると、神社への参拝もかなり並んでいるようでしたが、なにせぶらぶらしているうちにオープニングセレモニーが始まったぐらいなので、ほとんど並ばず御朱印もすぐいただけて、周りのブースもゆっくり見られてよかったです。


NEC_0215.jpg


 他にもたくさんありましたが、とりあえず伊藤博文寄進の石灯籠だけ写真載せときます。刻まれた名前、読めるでしょうか?

 この後、一坂さんの講演会どころか野外劇などのイベントまで時間がありすぎるため、時間をつぶせる場所を探して商店街をぶらぶらと2往復したのですが、どうもいい所がなく、時間がもったいないので神保町に移動することに。帰りに目青不動尊寄ろうと思ってたのに、すっかり忘れた!

 三軒茶屋から神保町は1本で行けるので便利。神保町が大好きなので、さて存分に古本あさるぞ~! と気あい充分、まずは古書会館の古書市へ。ここではなんの収穫もなかったのですが、次にたまたま特売の棚で欲しいのがあって入ったお店で、絶版で高価になっていたり、前々から探していた本が次々格安で見つかり、一気に4冊購入! しかも、半額表記のあった本が半額にならなかったので指摘したら、まとめて買ったこともあってか、100円まけてくれてラッキー♪ そこは半分がエロ系だったのですが、こういう所に案外掘り出し物があるものです。
 そうしてあちこち物色し、西側半分をざっと見終わったら、神保町で行きつけにしている「TAKANO」でお茶。スコーンについてきたバラのジャムがおいしかった。紅茶に入れてもいいので買おうかと思ったら、大きな瓶詰めだったので断念。

 後半戦最後の掘り出し物は、モースの「日本その日その日」東洋文庫版全巻。これを見つけた時には、内心小躍り(笑)絶版でなかなかにいいお値段がついているのを見かけることも多いのが、なんと全部で900円!
 ああもう今日はこれでいいや、幸せ~と、ほくほくしつつ家路につきました。私は幕末明治に来日した外国人の日記や回想録のたぐいを集めていて、この日の戦利品も不思議とそういった本ばかり。そういう巡りあわせだったのでしょうか。

 幕末維新祭りのことは残念でしたが、秋晴れの気持ちのよい一日に、趣味を満喫する充実の一日を過ごせました(^_^)
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示