大山元帥墓所他見学会 その1 ~大山元帥墓所~ | 清明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

大山元帥墓所他見学会 その1 ~大山元帥墓所~

 3月10日に大山格さんが大山元帥墓所他の見学会を開かれることをブログで知り、普段非公開の墓所を見学できる、この機会を逃すまじ! ってことで、参加させていただきました。
 大山格さんは、言うまでもなく大山巌のご子孫です。ご子孫自ら案内して下さるわけですから、合流前はちゃんと合流できるのかという不安もあって、やたらドキドキしておりました(苦笑)

 無事合流でき、那須塩原でレンタカーを借りて西那須野で他の参加者の方達とも合流、まずは大山墓所へ。

oyama1.jpg

 上の写真は、約4年前に大山墓所を訪れた時の写真。参道両脇の石灯籠も、今回訪れてみると見事なまでに倒れていました。

oyama3.jpg

 この写真も4年前のもの。普段はこのように門が閉められ、非公開です。

 今回は墓所の所有者である大山さんがご一緒なので、大山さんの案内で参加者のみ中に入ってひっそりお参りする、というのを想像していたのですが、門開いてるし、「大山巌十日祭」という立派な木札は立ってるしで、ちょっとびっくり。
 地元有志の方が、大山巌の月命日である10日にこうして墓所を開けているんだそうです。車を降りるなり、地元の方に「ようこそいらっしゃいました、どうやって知ったんですか?」と声をかけられ、若干困惑(苦笑)そこに車を降りた大山さんが「どうも、大山です」と挨拶、なんてワンシーンも。

 墓前にて略式参拝、大山さんの解説つきで一通り墓所内を見学させていただきました。

DSCN4859.jpg

 墓所は広く、常緑樹で鬱蒼としています。どんぐりが地面に敷き詰めたように大量に落ちていたので大山さんにおうかがいしたところ、墓所なので常緑樹でかつ榊としても使える木を選んで植えたのではないかとのことでした。

DSCN4850.jpg

 大山巌のお墓の前から撮影。この辺も震災で相当揺れたので、このように石灯籠はほとんどが崩れ、墓所を囲む塀も一部倒壊してしまっています。

DSCN4849.jpg

DSCN4851.jpg

DSCN4848.jpg

 上から、大山巌の墓、先妻・澤子(吉井友実の娘)の墓、捨松の墓。澤子の墓は仏式で、青山霊園にあったものを移したそうです。

DSCN4846.jpg

 こちらは、「戊辰役戦史」の著者で、大山巌の孫にあたる大山柏夫妻の墓。左が柏の墓で、奥さんは近衛文麿の妹。
 柏さんには「金星の追憶」という、回想録的著書がありますが、文章がユーモアに富みとても面白いのでお勧めです。個人的には、柏さんご自身が陸軍に勤めていた時の話が特に興味深かったです。

DSCN4857.jpg

 真ん中が、大山巌長男・高の墓。高は「松島」乗艦中に爆発事故により亡くなっています。その奥にも、大山巌の子供達のお墓があります。

 私達が見学している間にも、数組お参りに訪れていました。ほとんどの石灯籠が倒壊している光景には胸が痛みましたが、ご子孫ならではのこぼれ話なども聞けて、勉強になりました。

 強風の中、今は大山公園となっている旧参道の見学を経て、大山別邸へと向かいました。

 写真も多いため、数回に分けます。今回はここまで。
関連記事




ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします♪
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。